2015年06月11日

円空流抜刀術、根切





円空流抜刀術の柄を取られた時の返し技です。


前山陰の応用ですので、決して難しものではありません。


最初に突き崩しが出来るかどうかの問題がありますが、方向性の問題だけですから、深く考えることはないですね。


掴まれた瞬間に相手を動きを止めることが大事なのです


根切 001.JPG


方向がわかれば相手は崩れて動けなくなります。


根切 002.JPG



これから相手の重心をすさするんですが、


根切 003.JPG


相手の重心が後ろに崩れたら、引き身で抜刀


根切 004.JPG


左手を剣の峰に当て剣をかぶせるんです。


根切 005.JPG



右手の引きと左手の押しが大事ですね。


左足を進めて県に重心を乗せ相手の首を斬る



根切 006.JPG


此れが根切です。


皆さんの笑い草になりましたでしょうか






タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 19:17 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック