2015年12月17日

海外の半棒術について




海外の半棒術はステッキ術の応用かも?



海外では、空手団体を中心に半棒術が行われているようです。


また、ヨーロピアン柔術(空手+柔道+合気道)が盛んです。


合気道と柔道を合わせて空手に取り入れ、柔術と云うカテゴリーを形成してます。


ブラジリアン柔術などとは、また違ってカテゴリーですね。


日本少林寺拳法と同様な大会を行っていますし、また日本拳法と同じような大会も行っています。


日本における柔術(古武道)とは、趣が全く違いますね。






海外では、居合も盛んに行われていますから、日本で古武道を稽古しているなどと自慢したら、痛い目に合うかも知れません。(笑)😞


話は戻しますが、片手で振り回すことが多い半棒術はどうやら空手とともに普及したようです。


極真空手を修行している方の一部の方は、吉田幸太郎式ステッキ術なるものをも、また杖道を修行している方などが行っている、内田流ステッキ術などが伝えられているようです。


イギリスやフランスなどでは、独自のステッキ術が有ると聞いてますので、上手に融合させたのではないでしょうか。


日本のように、狭い家屋内で使用したりするような場面想定がされていませんから、大きく振り回すことが出来るのでしょう。


次の写真は、私が膝が悪いために、外出時に坂道や山道で使用している杖で、撮影したものです。






1450277765594.jpg



1450277783267.jpg



1450277813888.jpg





1450277801297.jpg


参考になれば、幸いです。

タグ:世迷い事


posted by ヒロボックリ at 10:15 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 棒術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック