2015年12月27日

腰切り棒術の動きとは





腰切り棒術の基本の動きとは?



腰切り棒術も、当然ながら棒術ですから半棒術や杖術に近い動きはします。

剣を相手に小手を打ったり、脛を払ったり、突いたり、後頭部を打ったり、抑えこんだりもする訳です。

大きな違いは、殺すことを目的としていないということではないでしょうか。



半棒もそうですが、一時的に相手の動きを制する、または止めることを目的としている。

術技の中には、確かに首を絞める技もありますが、あくまで護身を中心とした術技が中心ですね。

払っては突き・打ち、突いては打ちの連続ですが、半棒ほど相手の懐には入りません。

腰切り棒は剣と同じくらいの長さですから無理をする必要性はないのです。

また杖術ほど長くはないので、間合いは中間の間合いになるとうことでしょうか。

ですから持ち方が、初手では逆手持ちが多く、手解きに入ると本手持ちが増える様になっています。





剣の扱い方も上手くなっている訳ですから、至極当然のことなのです。

何事にも段階が有り、しっかりと身に着けていれば自ずと分かってくるものなです。

中途半端に身に着けている用では、本質には近づけません。

一知半解のままでは、たどり着ける道はないのです。

武道の道には、終わりのない道が続いているのですから((泣))

諦めるか?それとも頑張るかの選択しか有りませんね。

1450432392951.jpg

1450432407530.jpg

1450432423861.jpg

来年も頑張りましょう。




タグ:世迷い事


posted by ヒロボックリ at 00:29 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 棒術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック