2016年01月08日

2016年新年稽古始め、腕抑え・内




腕抑え・内


腕抑え・外の理合はご理解いただけたでしょうか?


当然ながら外があれな内があるわけですが、外と内の違いは、相手の中に身を入れると云うことでしょうか。


つまり、攻撃できる腕(拳)が有り、足(蹴り)が有る訳です。


ですが、ここでは基本ですから、あえてそれら攻撃を無視して、技の習得のみを考えて行っています。


何だそれは、可怪しいじゃないかという方も居るかもしれませんが、まず技を身につけることに重点を置いています。


相手の攻撃を防ぐ手立ては当身であり、体捌きであり、抑えでありなのですが、雲手からの霞や当、抑えで十分に対応ができますので慌てる必要が有りません。


此処で学ぶのは引手巻き込みというものです。






相手が右手で攻撃してくることを想定していますので、右順手順足から雲手をし、左手で相手の腕を掴み捻り巻き込みながら、自分の脇下に納めるのです。


軽く引き込むことで、相手の体勢はやや前傾になりますので蹴りは出しづらくなります。


強く引けば当然ながら、相手は体当たりをしてきますので、引き過ぎないことがポイントでしょうか。


右手で相手の肘上を鷲掴みすると同時に下方へ、右足を軸にして左足を大きく後方へ回せば相手は自然と倒れます。


この時の注意点は、右手が自分の臍下丹田下にあることです。


また、右足が相手の身体と隙間がないことですね、自然と膝下が相手の肩口に来るようになっていますので此処で決めます。


相手の身体が横向きに立っている状態ができていれば、アナタは天才です。(拍手)


左手と右足で相手の身体を固定して、右手刀で相手の頚椎を打ち決めです。




円空流は、足の歩数が少ないの特徴かもしれません。


その分、手が細かく動きます。水鳥の足の逆バージョンです(笑)






タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 12:07 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック