2016年01月10日

20116年雲手打ちからの肩抑え





雲手打ちからの肩抑え



雲手は当身を連続的に行うもので、払う・いなす・捌く・打つを行うことが出来ます。


其の典型的な例として肩抑えを紹介します。



ビデオを見ていただければわかると思いますが、多様に変化しているのが分かるのでは無いでしょうか。


単発的に捉えてみれば、相手の突きをいなしてからの中段突き、そして肩取りに入る、ただそれだけです。


それを連続的に行い、相手の動きを制することで肩取りに入るまでに止まるということがないように、無駄な動きを少なくするというのでしょうか。


雲手自体が無駄な動きと云われてしまえば、何もいえませんが手の動きと足、身体の移動(回転も含め)を一連の動きで行うことに意義が有るのです。








相手が右で突いてきますので、縦の雲手(腕抑えは横の雲手)でいなしながら捌き相手の右脇腹に右掌打を打つと同時に運足し、左手で首裏を手刀打ち。


素早く右手て相手に手首を掴み、左腕刀で肩口を抑え体転して決める


手の動きと足、身体の移動が大事で、相手の腹部への掌打は、左手甲で行う場合もありますし、左右と連続して腹部への攻撃をする場合も当然あります。

あくまで基本ですから、四の打ちを覚えましょう。

連攻撃ですから、五の打ち、七の打ちまであるのですが、それはいつの日にか!





皆さんの役に立てるかどうかは分かりませんが、こうのようなやり方もあるのだな〜と思っていただければと思っています。



タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 14:13 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック