2016年01月18日

2016年新年稽古初め、蹴り止めからの脇固め




蹴り止めからの脇固め




円空流の脇固めは、通常皆さんが知っている脇固めではありません。


其の前に、ビデオの中で前回解説した小手返し技法について説明をしてますので、見て理解していただければ幸いですね。



脇固めですが、当流では骨法を使います。


骨法と言っても、流派の名前ではなく、骨を締める技法で足で行うこともありますし、今回のように上腕部で行うこともあります。


一般的な脇固めは自分の脇下でしっかりと相手の腕を抱え、相手の肩口に体重をかけるようにして固めるというものなのですが、1対1でしたらそれで良いと思います。


しかし、多人数を相手にした時には、蹴られててしまったり、殴られてしまったりしまうことになるため、此等の脇固めも練習はしますが、通常は骨法を使用した脇固めをするようにしてます。



ただ、骨法事態を文章で説明することが難しい、相手の腕の捻り角度や上腕部の位置、自分の脇下の位置などが複雑に絡んでいますので、ウ〜ン映像を見て考えてください。








蹴り止めからの入り方かを映像で説明していますので、左順手順足で入り、相手の腕を左手で掴みながら蹴り止め、蹴ったしを大きく後方へ蹴り戻しして、骨法を掛け脇固めに入る。



映像の中では、説明のために相手の前に左足が有りますが、本来は有ってはならないものなのです。



理由は此処で述べなくてもわかりますよね?








分からないという方のために、足の甲を攻撃される、また足取りに入られるなど諸々があるからなのです。



一般的脇固めに関しての足取り)返し技は、次回説明させて頂きます。





タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 22:10 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック