2016年02月01日

抜刀術切付の攻防




切付に見る切り返しとは




切付とは、円空流抜刀術の基本勢法で、まず誰もが最初に教わるものです。


この切付にについては、このブログでもだいぶ前に説明してますので、理解している方も多いのではないでしょうか


この切付は、その場から相手の抜刀しようとする右手を切ったり、または目を切ったりと行う物です。


普段の稽古では、相手が抜刀しようと鞘に手をかけた瞬間に斬りつけるものですが、今回は相手の目に向けた切付です。



1454074556398.jpg



相手の眼間に向けて水平に切りつけるわけですが、当然ながら相手はこれをを下がり下段袈裟で受けます。


1454074493334.jpg


相手は続いて天を真っ向に打ってきますので結び平上段で受け、切り返し相手の天を打ち返します。


1454074516805.jpg


相手は流車でこの打ちをさばき、切り替えしで相手のの首を袈裟に切りつけます

1454074703681.jpg


下の写真は、切り返しの返しを行う場合に、相手の剣を開き下がり長うわ受けし切り替えし相手の首を打つ(攻守逆転)









1454074475574.jpg


このような攻防を繰り返し数十本行うことで、足捌き、体捌き、剣捌きを身につけることが出来るのです。


相手が変わることによって間合い、打ち込み方が変わるわけですから沢山の人と行えばそれだけ多くの動き(対応)を身につけることが出来るわけですね。


人によって速さも違いますし、間合いも違う、やはり数をこなすことの他に、人をこなす必要も有るということではないでしょうか。


腰切り棒術講習会参加者募集しています。

興味の有る方の申し込みはホームペジからお願い致します。






タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 00:17 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック