2017年01月08日

稽古初めが終わりました




円空流の稽古初めが無事終了



今年も1月3日に稽古初めを行うことが出来ました。


今年は柔術を中心にとの思いから、稽古は受け身主体の稽古とさせて頂きました。

当道場の名物稽古として過去に行っていましたやり方を復活、赤畳の上に1畳一人として、順次技をかけて受け身を取るという方法です。

先頭から最終までではなく、座技総当たりの元の位置に戻るまで同じ技を左右掛け投げるというもので、元の位置に戻ったら次の技へと変わっていくものです。



経験したことのない者も居ます。

僅か1時間半投げて投げられるの繰り返しで、否応なしに受け身はうまくなります。

この稽古はただガムシャラに投げられる、そして投げ続ける、相手が毎回変わりますし、馴れ合いが無くなるのです。



10人いれば10人を連続して投げ、投げられる、これを繰り返す訳ですから飽きる暇もありませんし休む暇もありません。


体力が続く限り本来は行うのですが、稽古始ですから時間も短くし、説明を加えたりコツを教えたり、少し間延びさせたりして休ませながら!


昔は稽古時間も長かったため、当たり前のようにして行っていましたが、しばらくご無沙汰していました

それに、私は膝が悪いので少し角が丸くなった感もありますね。


復活させたことで、今年は厳しく行って行きますよ、弟子には厳しく自分には甘くの精神で。((笑))


そして、昨年暮れに新人が入りましたので、新しい刺激を受けながら皆で頑張っていきましょう。





posted by ヒロボックリ at 17:56 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445711801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック