2017年02月26日

早縄術講習会について




早縄術講習会について



3月下旬に予定しています早縄術講習会ですが、技の運用方法として実際に行われていたものを指導させて頂く予定です。


形の稽古のように相手が動かずにいてくれるのであれば、これ程簡単なものはありません。


しかし相手は科人、つまり犯罪を犯していると思われる者を相手とする訳ですから、縄をかけた瞬間に暴れたり引っ張ったり当然するわけです。


これ等に対処するやり方を、基本技を指導した後に、毎回あの手この手で教える所存です。


基本ができなければ運用法を教えても出来ませんよね((笑))


柔術で固めてから技をかける方法もありますが、実際に柔術を掛けるというのは難しいものです。


相手は短刀を持っていたり、刀を振り回したりしているわけですから、それでも縄を掛けなければいけないんです。


相手は当然抵抗するわけですから、まず抵抗しない人はいません、体当たりや頭突き、縄を両手で引っ張たり、当然ですよね。


技は、後ろ詰め、背合わせ、十字背合わせ、後ろ足掛け詰め、前掛け詰め、胴背合わせの六本を技の説明から運用法まで毎回二本ずつ3回に分けて行います。


相手の動きに対しての攻防となりますので、相手の動きを想定して指導したいと思います。


前期 3月26日 (日曜日)  新座市民総合体育館 午後1時から5時まで

中期 4月30日 (日曜日)  新座市民総合体育館 午後1時から5時まで

後期 5月下旬を予定





講習会参加申込みは、円空流ホームページから申込ください。








タグ:講習会


posted by ヒロボックリ at 18:59 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 早縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447378629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック