2017年03月30日

早縄は一日にしてならず



早縄なら掛け縄術へ


先日、早縄術の講習会を行いました。


縄術における掛け縄とは、相手の手首や首に縄を掛けた時に相手が暴れることを想定した形なのです。


相手は縄を掛けられたのですから当然反抗するわけですが、TVや映画の中でも科人(とがにん)は結構暴れていますよね。


刑事ドラマでは手錠を掛けられと犯人は大人しくなっていますから、現代劇と時代劇の差がここにあります。


実際に手首に縄を掛けられた場合、相手は体当たりをする、または縄の引っ張り合いに、または反対の手で殴りかかってくる、手を振りほどいて後ろ向きになって逃げる等があります。


掛け縄はこれらを想定して、縄を素早く絡める形なのです。


早縄の形事態は、相手の動きが限定された箇条書きみたいなものですが、相手が自由に動いた時に対する形が掛け縄ということになります。








先日の講習会は、前述した通りの相手が体当りした時の対処の仕方と、引っ張り合いになった時の対処の仕方を指導させて頂きました。


正直な話、殆どの方が出来ていませんでしたね、早縄は一日してならずということが、皆さんは理解したのではないでしょうか。


基本である箇条書きはすぐに覚えられますが、連文になってくると難しい。(例えが悪いかも(笑))


金釘文字文ではなく、あくまで滑らかに素早く相手の動きを制しなければなりません。


来月にも行う予定ですが、参加者が同じであれば今回指導した形の習熟度を見定めてからということになるかも知れません。


できていないのに次の技を指導しても意味がありませんし、生半可な技は危険を伴いますから。


皆さんが帰ってから、いかに数多く練習していいるのか、楽しみですね。


縄で指が切れたり、肉刺(マメ)が出来たりするほど稽古してもらえると身につくのですが・・・・・・。


タグ:セミナー


posted by ヒロボックリ at 12:20 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 早縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448568321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック