2016年11月04日

武士の切腹、腹を切っただけでは死ねない

武士の切腹とは


様々な文献や、時代劇のTVの場面で武士が切腹する場面も見たことが有るのではないでしょうか。


映画・蜩ノ記(葉室麟)で役所広司が武士の世界の一面を描いていました。


蜩の記.jpg


刀を腹に突き刺し、自らの手で腹を従事に切り裂く行為は、日本の武士ならではの行為と思われている方も多いのではないでしょうか。


実際に、昭和時代に三島由紀夫氏が作った『楯の会』による市ヶ谷駐屯基地切腹事件(1970年11月25日)がありましたのでご記憶の方もいるのではと思われます。



そして、有名な『柴田勝家が切腹したときにハラワタ(内臓)を引きちぎって、秀吉に投げつけた』等の逸話があります。


その真偽はともかく、そもそも切腹はいつから始まり、武士の名誉の死に方となっていったのかご存知ですか?


切腹の期限そのものは実は平安時代にまで遡るとか、武士の時代の鎌倉で当たりではなく、貴族時代からだというのです。


ただし、近世に入るまでは、あくまで自決の手段に過ぎず、『名誉な死に方』という概念はなかったそうです。


大きな転機が訪れたのは、やはり戦国時代の備中高松城の戦いからだとか。







秀吉が、毛利方と備中高松城主の清水宗治(むねはる)の和睦の条件として、城主の自決を迫ったわけです。


そこで宗治は、水上に船を出し、その場で潔く腹を切り、介錯人によって首をはねられたのです。


これをみた秀吉や多くの武士たちが感銘し、以降『切腹は名誉な死に方』とされるようになった、と伝わっているというのです。


この切腹の仕方が江戸時代に入り、武士の処刑法として定着、作法も確立されてきたという訳ですね。



沐浴や末期酒や辞世の句を読んだり、様々な作法が見られ、切腹人が腹を一文字に切ったところで介錯人が首を落とすというのが一般的なのです。


実際には腹を切ったところではなかなか死ねないため、痛みに苦しむ姿は武士として見せられないので、『介錯を頼む』となっているのです。




自決の場合は、腹を一度刺してから抜き、頚動脈を切って死ぬ場合が多かったと言われています。


ともあれ、腹を切っただけでは失血死するまでは時間が半日以上、中途半端に切ってしまった場合は敗血症などで死ぬまで2〜3日の間、痛み苦しむ結果になるというのです。


また、介錯人が首を切る場合は皮一枚残して切るように(抱き首)、首を切り落とすことを忌み嫌う一面も有ったそうです。


切腹を命じられ、身の潔白さを表すために白衣を着て切腹した赤穂藩主浅野内庄頭など、実際には上意に刃向かうとして白衣ではないという話もあります。


死ぬことを美と考えているのは日本人だけ、それも作法など様々な方法で美として死を追求してる、不思議な文化だったのです。


その影響で、第二次世界大戦で、死んで神になる(軍神)という思想が生まれたのではないでしょうか。


私個人は、死んでしまったら何も残らない、自然に帰るのみと考えています。

日本には八百万の神思想、死んだら草木土になり、八百万の神になるという考えですね。




タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 21:50 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

東京支部稽古会日程確定


円空流から東京支部の稽古日程が決まりました



世田谷や江東区などで、講習会形式で指導稽古を行っていますので、気軽に参加できるのではないでしょうか


世田谷稽古会は金剛杖(腰切り棒術)錫杖術(長棒術)を主体にして行っています。


江東稽古会は、早縄術を主体にして、江戸古流(各流派伝承)本縄術の研究を行っています。



早縄.jpg  捕縄術.jpg












東京支部世田谷稽古会2月20日午前9時〜



江東稽古会2月19日午後7時〜




興味の有る方は円空流のホームページからお申し込みください。


会場のご案内、詳細等を担当支部長から連絡をさせて頂きます。










タグ:講習会


posted by ヒロボックリ at 10:28 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

今年の目標は決まりましたか!



今年も、早1周間が過ぎました。


円空流の初稽古は終わりましたが、此れから通常稽古に入っていきます


今年の課題は、『汗を流せ、汗で身につける』です


年を取りますと、どうしても口の稽古になりがちなので


生徒や弟子たちと一緒に、汗を流すことを考えています



今年は、ある程度の技を紹介していくことを考えています


とはいえ、柔術もYou Tyubeでみて頂いた通り、難しものではありません


基本は腰切り棒術の動きですからネ


基本技=ベーシック技は他流と似たり寄ったりな所もありますので


隠す必要もありませんので公開します


弟子たちは慌てるでしょうが、その分頑張ってもらうことにしましょう(笑い)




東東京支部


世田谷講習会  1月10日 AM9時〜11時半迄 錫杖・金剛杖


江東区講習会  1月16日 PM6時半〜9時 捕縄術、骨指術



タグ:講習会


posted by ヒロボックリ at 14:46 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

今日は柔術の稽古日でした


今日は柔術の稽古日でした

暑いですね。


稽古するのが嫌になるくらい暑いです(笑い)

どうしてもクーラーの生活をしていると

クーラーのない道場で稽古をするのが億劫になって来ます


贅沢といえば贅沢なんですが

昔は稽古する時にクーラーや暖房がなかった

今では有難いことに扇風機が有る


まっ、昔と違って外気温がかなり上がっているのだからしょうが無いのだけれど

でも終わった後のシャワーは気持ちのよいものです



DSC00686.JPG


もう来月の話をしなければなりません

骨指術一日速習セミナーの再広告です

9月15日(月曜日)になります

午後1時15分から5時20分まで

セミナーを行います

過去に受けた方は応用編として

対武士の型 五品+応用技となります

時間と興味の有る方は

是非出席して頂ければ幸いです


参加希望者は下記をクリックして下さい





posted by ヒロボックリ at 17:47 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。