2016年02月15日

殺陣の稽古中に模造刀が腹に刺さり劇団員が死亡


模造刀で死亡事件が



2月15日正午頃、東京都台東区日本堤2丁目の区立施設で、舞台の稽古中に男性の腹部に模造刀のようなものが刺さったと119番通報が有ったということです。


警視庁によりますと、男性は、役者の菓子野大悟さん(33)=国立市富士見台4丁目=で、刃渡り約73センチの模造刀が刺さり、搬送先の病院で死亡が確認されたのです。


浅草署によりますと、菓子野さんは施設内の『たなかスポーツプラザ』で都内の劇団の劇団員らと殺陣の稽古中だったということです。


施設の担当者の話では、殺陣の稽古には劇団のメンバー数人が参加していたそうですが、菓子野さんが模造刀を持ったままころんだところ、腹に刺さったとみられるとのことです。


浅草署では、事故が起きた経緯などを調べているということです。





我々、武道を稽古しているものが守るべきこと


武道を行う方で、居合刀など武技を取り扱う場合は、細心の注意を払わなければいけません。


特に剣術や居合などの場合、稽古を始める前に目釘(目貫)の確認、柄巻きの確認、刀身と柄のガタツキがないかどうかなどをしっかりと確認することを守ることが必要です。





刀の名称.jpg




居合刀は、組み打ちを出来るようには出来ていませんし、茎と切羽のところで折れることも有るのです。


稽古中には、危険回避のために剣の取扱者の前後に人を立てることは極力しない。


最低でも取扱者の3メートルの円の中に入らないように最新の注意を図る。


真剣(本身)を取り扱う場合はTPOを考え、安全の上に安全を重ねる必要があります。


真剣(本身)の取扱者の前後には、『絶対に人を立たせない』など細心の注意を払うべきです。


公共の施設を利用している場合は、施設のルールを守り使用しなければなりません。


施設によっては、真剣での稽古は出来ないところもありますので確認が必要です。


自分たちだけではなく、他の団体の使用もあるということを忘れてはいけないのです。


会員同士でも取扱に注意して、怪我のないように稽古ができる環境つくりが、指導者の役目だと思っています。







4月から腰切り棒術セミナーを開始します

興味の有る方はホームペジから申し込みください。






タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 23:28 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

映画・くちびるに歌を(新垣結衣、木村文乃・桐谷健太他)

閑話休題


唐突ですが、今回は映画の話です。


『くちびるに歌を』


新垣結衣が主演で長崎五島列島には臨時教員となって派遣されたピアニスト役

主題歌はアッジェラ・アキで『手紙〜拝啓15の君へ〜』



内容は木村文乃演じる松山ハルコは、島の中学校の合唱部顧問が産休に入るために、代わって赴任してきたのが中学校時代の同級生で『元神童で自称ニート』野臨時教員・柏木百合(新垣結衣)に1年間の期限付きで合唱部の指導をするというものです。

くちびるに歌を.jpg



背が高くて綺麗な先生が来たということで、合唱部に男子生徒が続々と入部してくるのですが、元々合唱部は女性しか居なかったためにいざこざが起きるのです。


ここまでなら単なる学園モノなのですが、実は伏線が有るのです。










一つの伏線は自閉症の兄を持つ弟、弟はなぜ自分がこの世に生まれてきたのか知っているのです。


そして兄に感謝していること、兄がいなければ自分は望まれて生まれてきてはいない、そんな兄を時には疎ましく思う時もあるけれど、それでも兄と生活をしていくと決めていること。


この自閉症の兄役をNHK朝ドラ・まれで高志役を演じた渡辺大知さんが演じていました。



もう一つの伏線は、父親に二度捨てられたという環境の少女実はこの生徒が隠れた主人公かもしれません。


父親が道楽で子供を一回捨てて音信不通に、それが突然現れたかと思うと、翌日には家にある金銭を盗んでどこかに行ってしまう。



ユリは、愛する彼を失ったことでピアノが引けなくなり、逃げるようにして生きている、それを見かねてハルコが島へ呼び戻し、再起させようとしている


此等の葛藤、生活がよく描かれています、そして子どもたちが前向きに育っていく姿が。



『泣かんトヨ、前進・前進』



新垣結衣さんが中盤過ぎまで笑顔がないのですが、ぶっきら棒にさせ見える演技が後半に生きてきます。


この映画の中で自分への手紙を書くというのが出てきます。


15歳の私から15年後の私へ、15年後の私は何をしているのだろうか?


アンジェラ・アキさんの歌の意味が此処で分かります。


15年後の自分は15年前の私をどう思っているのだろうか?を考えてしまう。


このブログを更新している私は今、62歳ですが15年後の私は77歳・喜寿を迎えているのだろうか?


中学3年生である生徒たち、15年後は30歳にそれぞれの道を歩んで生きている姿を見ているのです。


そして合唱コンクール、もっと笑顔になって、そしてくちびるに歌を!



後半は感動で涙が止まらなかった、一父親として、そして忘れていた中学校時代。


あんなに輝いていただろうか、あの時に思い描いた未来に自分はなっているのだろうか?



最後に、自閉症の兄に歌を聴かせることが出来なかった事を知った同級生たち、ホールで歌を聴かせる姿が、4人から始まりやがてホールにいた出場者全員が歌をうたう、映画ならではのエンディングですが感動モノです。



映画館で見た方も、まだ見ていない方も一度は身て欲しいです



♪♪最後に、船の汽笛はドの音!です。♪♪






円空流腰切り棒術講習会参加者募集中です。

興味の有る方はホームページから申込ください。








続きを読む
タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 11:11 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

2016年稽古始め・腕抑え・外を考える


円空流、基本技:腕抑え・外



雲手からの腕抑え・外は読んで字のごとし、相手の突きを雲手で捌き手首と肘上を掴み押さえ込み技です。



雲手とは、中国拳法特に太極拳で使われる手の動きです。



随分前までは、相手の突きを手刀で手首付近に打ち込み突きの方向をずらし、動きを止めていました。



然し、第二代が中国に渡り満鉄警察官をしていた時に、身につけた中国拳法と、私が一時修行した楊家太極拳の動きを取り入れて、流しながら相手の力を往なす転子の使い方を取り入れたのです。







ビデオの中では相手が右突きですので、左順手順足で突きをイナシ、身体を捌きながら雲手で右手で相手の手首を掴み、左手で肘上を掴み引きこみ抑えるというものです。



両手間の幅は約1尺程度で、半棒や腰きり棒術の手幅と同じです。



手首は小手を捻らず、腕全体を巻き込むようにし肘上は鷲掴みとなります。




体転しようが、そのまま擦り下がるかなどは、其の時の相手の動きによって変わりますが、技自体は一緒です。



固めは、縄手にとるか、肩固めに取り首を打つかなど有りますが、基本ですからこの2つ程度を紹介しています。


当身は基本稽古ですので入れていませんが、、本来は左手で鷲掴みする前に、相手の脇腹、もしくは目に霞をかけるということになります。


当身は大事ですよ、雲手の良い所は、実は相手の腕に当身を入れていることなのです。


腕に二度当てすることで、肘の出が遅くなるのと同時に相手の腕に虚が出来る、虚が出来るために、腕の巻き込みが容易になっているのです。


つまり腕への反射の利用という訳ですネ。









posted by ヒロボックリ at 00:34 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年の挨拶


謹賀新年


新年明けまして 
           
     おめでとう御座います


 本年もよろしくお願い致します。

             

         2015年1月1日    元旦


           円空流柔術三代相伝師家

                 關山操次郎博伸


タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 01:13 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

今年、一年応援していただきありがとうございます


今年も頑張れました



今年一年、沢山のの方に応援していただきありがとうございす。

円空流としておかげさまで、抜刀術講習会も無事に終了することが出来ました。

参加者から欠員もなく最後まで受講していただいたこと感謝申し上げます。


来年度は腰切り棒術の講習が確定しました。

広報が遅いということも有り、参加者は少ないのではと思っていますが、なんとか行いたいと思っています


円空流の基本的動きで有る腰きり棒術、身に付ければ打拳術、柔術、剣術へと変化していきます。

わずか8回の講習では形だけしか覚えることが出来ないと思いますが興味の有る方は参加してみては如何でしょうか。




逆小手送り投げ
逆小手投げ 001.JPG
逆小手投げ 002.JPG







逆小手投げ 003.JPG
逆小手投げ 004.JPG


新年稽古始めは1月3日から、東久留米スポーツセンターで行いますが、今年は課題が柔術です。

毎年のことですが、参加者は希望者のみですので4〜5人の時もあれば大勢の時も。

今までユルリと参加者がいる時には行っていましたが、来年は少しキツメに行う予定です。(笑)

汗を流した後の食事は美味しいですからネ!


タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 10:05 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

身を守るとは?


気になる言葉



埼玉の市議が、議会上で『陸上自衛隊高等工科学校は『人殺しの練習をする学校』と発言をしたと言うのですが、身を守る、国を守る、国民を守る訓練は人殺しの練習になるということなるのでしょうか?


陸上自衛隊高等工科学校.jpg



柔道を創始した嘉納治五郎氏は『自他共栄』をあげています。

『社会を成し、団体生活を営んで居る以上、其の団体・社会を組織してる各成員が、その他の成員と相互に融和強調して、共に粋さ帰ることほど大切なことはあるまい。

各成員がことごとく相互に融和協調して居れば、己の働きが己自身の益と成るのみならず、他も同時に利し、共々幸福を得るは明らかであり、他の活動が其の人自身のためばかりではなく、己を始めその他の一般の繁栄を増すはもちろんのことである。

かような次第で、其の融和協調の大原則、つまり【自他共栄】ということに帰する。云々』と述べています。




日本少林寺拳法では【力愛不二】でしょうか。

創始した宗道臣氏は『人間が『霊止(ひと)』として生きてゆくためには、そしてまた正義正法(しょうぼう)を守り、平和で幸福な理想郷を実現するためには、愛と慈悲ばかりではなく、理知と力も必要であるということです。

いざというとき、役立つのは力であり、勇気です。不正や悪を倒し、社会の平和と幸福を守るのも力であり行動力です。

確かに、愛や慈悲のない理知や力は暴力になりますが、同時に理知や力のない愛や慈悲は、全くの飾り物であり、無力です。云々』と述べています。




かの市議は、市の広報誌への生徒募集掲載を中止するように求めた際に『人を殺す練習をしている学校』と発言をしたと云うことです。

市議は議会後に『多くの人を傷つけ、嫌悪感を与える不適切な発言だった』と釈明して、議事録からの削除を申し入れたのです。

共産党系の市議は、安全保障関連法の成立に伴い、『自衛隊の性格は変わった。海外の戦闘地域で他国の人を殺すかもしれない』と主張し、市の広報誌への工科学校の生徒募集掲載を止めるべきだと発言していた際に、やり取りの中で興奮し発言をしてしまったそうです。


私達武道家は、身を守るため、また自己研鑚のため、そて伝えるために、古の人殺しの技である武術を指導しています。

武術は、今では人を殺す必要性はありませんから、術や、武技を扱うことで、精神を鍛錬したり、美を追求したりしているのではないでしょうか。

剣や槍・薙刀等を扱っていれば、当然ながら人殺しの練習そのものです。

其処で自他共栄や、自他共存、力愛不二等なのではないでしょうか。


yjimage.jpg


自衛隊の方々は、国民を守ると云う使命感に基づいて訓練をしている。いざというときに我々国民の盾となり、また災害時には消防や警察ともに、災害現場の先頭に立ち、多くの命を救うという使命感が有るのです。

イデオロギー的偏見の目で見ることは、避けたいものです。

タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 12:13 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

映画【ソロモンの偽証 前編・後編】全て見終わりました。


閑話休題 

今回は武道の話では有りません。


ちょっと重いかもしれませんが、昨日は仕事あまりに暇でしたので、宮部みゆき原作・ソロモンの偽証前編・後編を連続して見てしまいました。

宮部さん原作物(時代劇としてて)は、NHKで木曜時代劇として放送されていたりしてますから、ご存じの方が多いのではないのでしょうか。

このソロモンの偽証は、2002年から2011年まで週刊新潮に連載されていたものです。


ソロモンの偽証.jpg


物語は、1990年12月25に、クリスマスの日に中学生が転落死したことから始まるのですが、自殺か事故か、そしてその後に生徒と思われる者からの告発文【事故ではなく殺された】が届けられたことによって犯人探しが行われていく。

生徒の自殺を擦ることが出来なかった教師2年目の新任担任教師の葛藤、全てを背負い込もうとする校長、イジメを繰り返していた不良たち、その子供達を信用しようとする少年課の刑事、いじめられていた生徒、そして同級生や家族の葛藤、マスコミ報道などのドラマです。






ミステリー小説ですから、何故死んだのか、犯人は誰なのかなどを問い詰めていくものなのですが、主人公たちは中学生なのです。

他の事件も絡み、関連性が有るかのように見せながらこの映画の本質を中盤から出していく、と云う手法で構成されており、後半は生徒中心で、転落した生徒への後悔の念を出しているのですが、是非見て欲しいですね。



全てを見終わると、宮部さんが何を言いたかったのか、監督が何を見せたかったのかが分かるかもしれません。

捉え方、感じ方は人それぞれですから、私はネタばらしも、感想の強制もしませんが、考えさせられましたね。


藤野涼子さんの縁起画も素晴らしかった、目を離せなかった、これから伸びるのではないでしょうか。

黒木華さんの教師役、永作博美さんの母親役は難しかったでしょうね。

小日向文世さんの校長役、背中の重さを表していました。


見て欲しいのですが長いですよ、前編後編で4時間を超えますから覚悟してみてください。








様々なイジメが各学校で問題となっている中、記憶に有るのは大津市のイジメ問題、最近では矢巾町の事件、仙台でも、天竜市でも起きてしまっていますが、一向に無くならないイジメ問題。

被害者の方々も含め、生徒みんなでしっかりと向き合って欲しいですね。

よくイジメはいじめられる方にも責任がある、等と軽々しく云う方もいますが、それだけの問題では無いはずです。

イジメられる人には問題はないはずで、いじめる側に何らかの問題が有るのです。

家庭の問題だったり、自分自身への問題あであったり、部活の問題であったり、何かしらの葛藤が、他の生徒への報復という形で現れている可能性も有るのです。

学校内のことは、教師たちが気をつければ見えるはずで、分からなかった、気が付かなかった、時間が足りないは言い訳です。

見ない、聞こえないようにしているだけです。


然し、学校以外のことは家庭の問題であり、親が責任を取るべきことなのです。

子供達は、育っていく家庭環境に左右されやすい、親が・大人がしてはいけないことをしっかり教えることが大事。

其の親が、酒もタバコも、そして暴力も、何でも許してしまう、環境を作っている可能性が高いのです。


私たちは武道家として、預かっている子供達にしっかりとした道を教えてあげなければならないのです。

武道という最も護身に適した術技を、誤った方向に使われないようにするためにも。





タグ:雑感


posted by ヒロボックリ at 10:34 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

A Happy New Year


謹賀新年


新年、明けまして
    御目出度う御座います

 本年も、よろしくお願い致します







posted by ヒロボックリ at 08:49 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

今年一年ありがとうございました



昨日の稽古で、本年午年の稽古は終わりました


昨日の稽古で、結婚で北海道方面雪飛行機に嫁ぐ弟子が


卒業することになりました


ぴかぴか(新しい)おめでとうござますぴかぴか(新しい)


14歳時に入門し、それから約14年間


よく頑張って、稽古に参加していただけたと思いまます


寒い時も暑い時も、めげずに付いて来てくれました


そして、良い伴侶が見つかり、めでたくゴールインしたわけです


なれない土地でも、新しい生活を頑張って欲しいですね




さて、私どもの2014年の稽古は、12月28日で終わりましたが


新年2015年稽古始は、1月3日から始まります


例年新稽古は柔術から始まり、稽古納めは柔術にしたいと思っています


来年の大きな予定として

4月より抜刀術のセミナーを開催いたしいます


興味の有る方はHPよりお申込み下さい


今年一年ありがとうございました





良い新年をお迎え下さいね!手(パー)手(パー)手(パー)手(パー)





posted by ヒロボックリ at 11:54 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

昨日は東久留米教室の稽古日


昨日は、東久留米スポーツセンターにて長棒術(六尺)と抜刀術

の稽古がありました

当流は、腰切棒術が本傳であり、長棒術も伝承されています

総ての動きが剣の動きや柔術の動きに変換できるようになているのです。

ですから動きそのもは打ち太刀も受けも同じなのですが

剣を使えば剣技に、棒を使えば棒術にと様々に変化します。

昨日は新之舞を剣で行う「応じ返し」を練習いたしました。

新之舞は単演で行うものではなく、棒対棒・棒対剣・剣対剣の「応じ返し」があります




体の動きは同じでありますが得物が違うので、手捌きや体捌きに若干の違いはあります

其れはそうですよね。

長さや大きさ、持ち方が違うのですから当然といえば当然!

しかし本質は変わらない、全て新之舞の変様です。


技の本数自体は少ないですよ、但しこのように得物を持ち替えての変様が有る

だから面白い、一変を捉えて覚えたつもりでも、そうは行かないようにできているんです


初秋に骨指術の一日セミナーを行います

詳しいことは円空流のホームペジにて確認して下さい


多くの方の参加をお待ちしております

今回は、過去に参加した方には、対武士への伝承技五本の伝授を致します。

初めての方は、基本勢法八本を伝授いたします








posted by ヒロボックリ at 12:17 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。