2015年01月07日

今年の目標は決まりましたか!



今年も、早1周間が過ぎました。


円空流の初稽古は終わりましたが、此れから通常稽古に入っていきます


今年の課題は、『汗を流せ、汗で身につける』です


年を取りますと、どうしても口の稽古になりがちなので


生徒や弟子たちと一緒に、汗を流すことを考えています



今年は、ある程度の技を紹介していくことを考えています


とはいえ、柔術もYou Tyubeでみて頂いた通り、難しものではありません


基本は腰切り棒術の動きですからネ


基本技=ベーシック技は他流と似たり寄ったりな所もありますので


隠す必要もありませんので公開します


弟子たちは慌てるでしょうが、その分頑張ってもらうことにしましょう(笑い)




東東京支部


世田谷講習会  1月10日 AM9時〜11時半迄 錫杖・金剛杖


江東区講習会  1月16日 PM6時半〜9時 捕縄術、骨指術



タグ:講習会


posted by ヒロボックリ at 14:46 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

今年も稽古は始まりました


稽古始め


円空流では1月3日から、稽古が始まりました


今年一年を願い、又今年の目標を載せて稽古を始めるのです


ここ六・七年は弟子も参加して行っていますが


其れまでは、師家の行事として行っていましたので


先代と当代の稽古のみでしたが、寂しい物がありましたね


その度に、『新しいものを教わる』という形を取っていたんですが


今は未だ、次の代を育てなければならないので、これで良いと思っています






此処数年は、稽古始の後に、我が家で懇親会をして解散となって居ます


今年は抜刀術の講習会が4月から始まります


そして稽古は柔術から始まりましたので、


柔術に力入れていきたいと思っています


ブログでもYou Tyubeでも紹介していきますので


よろしくお願い致します







タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 08:39 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

A Happy New Year


謹賀新年


新年、明けまして
    御目出度う御座います

 本年も、よろしくお願い致します







posted by ヒロボックリ at 08:49 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

今年一年ありがとうございました



昨日の稽古で、本年午年の稽古は終わりました


昨日の稽古で、結婚で北海道方面雪飛行機に嫁ぐ弟子が


卒業することになりました


ぴかぴか(新しい)おめでとうござますぴかぴか(新しい)


14歳時に入門し、それから約14年間


よく頑張って、稽古に参加していただけたと思いまます


寒い時も暑い時も、めげずに付いて来てくれました


そして、良い伴侶が見つかり、めでたくゴールインしたわけです


なれない土地でも、新しい生活を頑張って欲しいですね




さて、私どもの2014年の稽古は、12月28日で終わりましたが


新年2015年稽古始は、1月3日から始まります


例年新稽古は柔術から始まり、稽古納めは柔術にしたいと思っています


来年の大きな予定として

4月より抜刀術のセミナーを開催いたしいます


興味の有る方はHPよりお申込み下さい


今年一年ありがとうございました





良い新年をお迎え下さいね!手(パー)手(パー)手(パー)手(パー)





posted by ヒロボックリ at 11:54 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

抜刀術基本勢法、左右とは2



抜刀術の基本勢法左右ですが

前回は、右に入る型を紹介していますので


今回は左に入るのを紹介します


右構えから、左に入るのですからコツが必要になります


其のコツとは、足に有ります


左右は全てが一の動作で行います


前回の右に入る時もそうですが、抜いてから切り下ろすまで


流れるように体の開きで、行わなければならないのです


右も左も、足を差し替えて切り下ろします


行ってみると、動けない、切り下ろせないと感じるはずです


感じない方は、天才かもしれません

体を前に倒しながら柄に手を触れ、右足を斜め左前に踏み出します
抜刀術左右 006.JPG


右足に重心を移動させながら剣を差し形に抜刀します



抜刀術左右 001.JPG 

足を差し替えながら切り落とします



抜刀術左右 008.JPG 

シッカリと剣を切り下ろして極めます、

左足が前になっているのが判ると思いまいます

抜刀術左右 009.JPG


此の足の使いたは、写真では解りづらいのです


又説明でも難しく、写真を見て、各自研究してみてください(笑い)


まずは行ってみてください


抜刀は、一気呵成に行うことが大前提です


剣と足の動きがバラバラでは抜刀にはなりませんし


又、手だけの操作は当流ではしていません


剣体一致が無ければ抜刀術とはいえないでしょう


腰と軸の回転で切る、というのが円空流の考え方です


是非試してみてくださいね





タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 19:12 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

抜刀術基本勢法、左右とは



平成26年も押し迫ってきましたね!

今年は一体何を行ったことやら、自分自身で情け無い位です


他の皆さんはいかがですか、今年は何か大きなことを為さいましたか


難しいですね、ホントに!


今回紹介しますのは、基本の抜刀勢法 『左・右』です


今回紹介しているのは、鞘なりに抜刀する方法です


写真は右の前の入り方で、左足丁字で踏み出し


剣を鞘なりに抜いています


畳の縁を相手の切り付け線、と想定して行っている事を理解してください


最初から柄には手を触れず、移動すると同時に柄を掴みます


左右 003.JPG

丁字足での踏み出しを確認して下さい

左右 004.JPG

右に左足を踏み出しながら、鞘なりに抜刀を始めていきます

左右 005.JPG

右足を引き付けながら振りかぶります

左右 006.JPG

足の差し替えを行い、真っ向に切り付けます

左右 007.JPG

斬りつける場所が相手に対して約45度にしています

実際には30度位に成るのですが、慣れるまでは此の角度で行うことにしています


左足が回りすぎてしまうので、注意が必要ですね


回りすぎてしまうと、90度近くの角度に成ってしまいますので


すぐに分かります


円空流・東東京支部講習会日程のお知らせ


12月19日 江東区講習会    18;00〜21;00  骨脂術・早縄術


12月28日 世田谷区講習会   18;00〜21;00 錫杖術・金剛杖術
申し込みは、円空流柔術HPから申し込み下さい



お気軽に参加してください、詳細は個別に連絡させていただきます






タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 12:21 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

今日You Tube新しい動画をに投稿しました

今日は先日に、暇な弟子たちと一緒に


とある場所で、奉納演武を行ってきました


私が還暦を迎えて初めての演舞をしようと思い


暇な弟子二人(強制的)を引き連れて、


稽古無しのぶっつけ本番、体当たり演武です


私は11が22日生まれですので、還暦となりました


また娘のような弟子が、結婚をしましたので、お祝いを兼ねて


お寺で(神社じゃないですよ)行いました


其の様子が分かりますので見てください








普段、稽古をしっかりと行っていれば、誰でも即応できるものです


演武会のための特別稽古は必要はありません


それが円空流の教えです


タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 14:58 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

体軸を作るということは?

円空流では、腰内(ヨウダイ)として、静坐法と立って行う方法をが有ります


腰内とは、仙骨を立てることを言います


中国拳法でいう站樁功に似ていますが


考え方が違います

左右 001.JPG

背筋を伸ばして腰を落とす

そして仙骨を意識して立てるんです

要はお腹を前に出して、おしりを後ろに突き出す

と考えれば出来ると思います


最初から深く腰を落とすことは出来ないでしょう

自分の高さから始めてみてください

左右 002.JPG

写真では手を前に出しています

肩から手首まで静かに水が流れおりる高さにしてあります


此れは仙骨を立てることで、脊柱から出ている交感神経が

リラックス出来、内臓疾患にも良い影響があると同時に

下半身強化、と、軸を感じる事が意識としてはっきりと理解できるからです

站樁功とは違うといった意味が此処に有ります


呼吸は、当然ながら腹式呼吸法です


椅子に座って行うことも出来ますし


正座で行うことも有ります


写真のように刮目して行う場合や、半眼調息で行う時も有ります


興味の有る方は一度行ってみてはいかがでしょうか


続きを読む
タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 17:52 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

先日に柔術の稽古が有りました

先日、日曜日に柔術の稽古が有りました


月1回の柔術の稽古ですので、時間は足りないのですが


柔術だけに充実した内容でしたわーい(嬉しい顔)



今回は中傳技の一つで、胸取りからの捻り十字負い投げという技です


名前なんてどうでもよいのですが、要は十字負い投げの変化版というだけですから


どこの流派でも有る技ですから公開しているだけです

11月12・13日抜刀と柔術 005.JPG

相手が右手で両むな襟を掴み、左手で顔面を打ちます

11月12・13日抜刀と柔術 004.JPG

仕手は、我の左手で相手の右手甲を逆手で掴み、突きに合わせて

左足開き下がると同時に下方へ引き外し、右手で相手の突きを内側に送り捌きます

11月12・13日抜刀と柔術 006.JPG

右手で掴んだ相手の左手を相手の顔面に押し当て、後方へ崩すと同時に

我の腰を相手の丹田下に置き、体転して負うようにします

このときに腰からはいらないと相手に引き倒されますので注意が必要です

コツは相手の腕を伸ばした状態をキープすること、腰と下腹部に隙間を作らないこと

11月12・13日抜刀と柔術 007.JPG

仕手は相手の逆腕となっている左手を、我の左手で抑え右手を自由にさせます

あとは負い投げの要領で投げるだけです


肩に載せる時は、我の首にシッカリと相手の腕を乗せることです

投げる時は腕逆を決めているので、注意が必要ですし受け身が取りづらいので

初心者には教えることが出来ない技です




タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 10:05 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 柔術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

昨日は抜刀術の稽古日

しばらく写真を取るような稽古をして居なかったので


更新ができませんでした


今回は、ちょっと趣向を変えた

抜刀術を紹介します


コレはどこの流派でも行っている、

極普通の抜刀法なのですが

行ってみると意外と難しいんです



居合刀は二尺四寸の極普通のものです

足の位置は壁から一尺半離れています


11月12・13日抜刀と柔術 001.JPG

柄頭は壁にあたっています


ここから一気に抜刀しているのですが

11月12・13日抜刀と柔術 003.JPG 

抜刀が終わるまで柄頭は動いていません

また足は、前後も全くしません

11月12・13日抜刀と柔術 002.JPG

これを行う時は、鞘割れに注意して下さいね

此が出来たからどうなんだ、と言われても教えるわけには行きません


また説明してもわからないと思います



タダ只管行うのみです


行えば自然と見えてきますので(只管多座見たいですね)

がんばってくださいね

タグ:通常稽古


posted by ヒロボックリ at 18:59 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜刀術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。